來夢的開運レター 読者のみなさまの声

【 熊本県 西村充希子 様 】
私の使い方は、その月の最初の日に朝早く起きて、一番目につくところに掛けているカレンダーに、その月のメッセージを開運レターから特に心がける言葉を引き出して、大きく書くことをずっと続けています。毎月、お一日に先月も健康に仕事に取り組まさせて頂けた感謝と今月もお役に立てる自分であるように、開運レターからメッセージを頂いて、日々忘れないようにカレンダーを見ています。開運レターを使わせてもらうようになってからの習慣です。自分の中でけじめになり、とても大事な習慣です。毎日、開運レターを見るようにはしますが、この月の初めの今月のテーマは、私にとって波にのるための大事なステップだと思っています。あまり、上手には言えなくて苦しいのですが、とにかく暗い海を航海している時に見える安心の灯台の灯火のようなそんな感じです。道を外れそうなときに「こっち、こっち」と声をかけてもらっている感じです。本当にありがとうございます。来年から秋のシーズンに入ります、今までの出来事に感謝して、次の種を少しずつ探したいと思っています。

 

【 東京都 藤間 みゆき 様 】
 私の來夢的開運レターの使い方

 「 色 」 
   その日のラッキーカラーの洋服や、下着を身に着けて出かけます。
   自分の運にぴったりなせいか、おみくじであんまりよくない日でも気分はハッピー、
   ものごとがうまくすすみます。
 「 おみくじ 」
   自分のかかえるプロジェクトで、会議など重要な日を決めるのに活用。
   いい話がきたときには、おみくじの日をチェック、
   凶の日は、どうしよう、と参考にします。
   お金を動かしたり、新しいことを決断するときも、
   そんな風に参考にしています。

 

【 喜三郎 様 】
 おみくじカレンダーの「 今日の一言 」を読むたびに、
 『 なんで俺に起こること知ってるんだ~! 』
 と思えてきて、いつの間にかハマってしまいました。
 だって、ほんとなんだもん。

 事例① ビジネス運 大吉のときに頼まれた仕事は、なぜか契約にいたる。
 事例② 金運 大吉のときに買い物すると、買った時は迷っていても、後々買って良かったと思う。
 事例③ 人間関係 大吉の時は、なぜか綺麗な人と出会う。

 今までイライラしてたこと。
 不安に駆られて、してはいけない行動をしてしまうことが、
 ほとんど、無くなってきました。

 本当に安らかに生きられる感じがします。
 「 あ~俺は自分の人生生きてるな~ 」と
 妙に納得する今日この頃となりました。

 

【 東京都 中山産業㈱ 中山和義 様 】
お水採りツアーではお世話になりました。おかげ様で7月に販売を開始した私の本「客は集めるな!」が3刷、2万部となりました。その後、以前から書きたかった本の出版も決まり、今、原稿を書いています。毎年必ず大きなステップアップを感じています。ありがとうございました。

 

【 宮城県 心理カウンセラー 笹氣健治 様 】
今年は春3年目「破壊者」の年。昨年まで春の拡大を体験しつつも、今年になってなんとなく行き詰まりを感じていました。そんな中でお水採りツアーに参加。今回のツアーのテーマは「軌道修正」という話を聞きましたが、まさにターニングポイントになりました。ツアー中で具体的に何がきっかけになったかは限定して言えないのですが、イースター島全体に漂う何故か懐かしい雰囲気の中で不思議と肩の力が抜け、カラダ全体と心が軽くなった感じがしました。そのおかげか、帰国してからは滞っていた仕事がスムーズに進むようになり、お水採りで充電することが必須になりました。

 

【 東京都 山本楽祥 様 】
とてもツイてるありがたいことに、昨年最も運の勢いがない年にお水取りのことを知り、はじめて行いました。そのおかげで仕事では独立する勇気と勢いをいただき、健康も大病を患うことなく過ごすことができました。そして、今年少しよくなってきたがまだまだ運の勢いを加勢いただいたと実感しています。仕事、プライベートともに起きた困難を最もありがたいと感じさせる絶妙なタイミングで解決、昇華する多くの奇跡が起きました。そのたびにお水取りのことを思い出し、いただいた神社とお水に感謝しました。私にとってお水採りは「最大限に命を生かされ、活かされる」そんなとてもありがたい大開運の法なのだと心から感謝しております。ありがとうございます。

 

【 東京都 N・K 様 】
今年、開運レターで教えていただいたとおり、1月、2月と、お水採りを実行したのですが早速、1月から不思議な縁に恵まれ、振り返ると、ビジネスにおいても、プライベートにおいても、感謝したいことがたくさん起こっています。もちろん、ビジネスにおいては、今年芽が出るように、前々から準備していたこともあります。でも、それだけでは説明できない、何か大きなエネルギー、力のようなもの、運のようなものを、何度も感じております。

 

【 東京都 森谷敬子 様 】
【あなたなりに「軸=芯」を持って、つながる相手、関わる相手を「本気」でもって徹底的に視ないとね】この來夢先生の言葉が、次のように私の思いとリンクしました。

  1) 【軸】が必要
  2) 【つながる相手、関わる相手】を厳選するし、私自身も厳選される人間となる
  3)  なんとなくではなく、【本気】で徹底的に相手を視る

独立して2年。この2年でお付き合いする人がかなり入れ替わりました。別に、今までお付き合いしていた人たちとけんかをしたわけではありません。しかし、【それは無理でしょう】【私には出来ない】と言うタイプの人とのお付き合いは激減しました。そして今、またもう一段、大きな変化が起きています。志が高く、エネルギーの高い人ばかりに囲まれつつあります。個人的に、悩んでいる若者達の相談を毎週受けるのですが、彼らのマイナスのエネルギーに惑わされることも今はありません。現在は、志の高い人に、私自身が厳選されるような人間になることを常に意識しています。その内、無意識のうちにできるようになればと切望しています。

 

【 千葉県 K・I 様 】
「來夢の私事」の中で、さっそく2ページ目の頭から「私はいつもいつだって、縁のある人たちと一瞬一瞬を真剣に関わっているだけ・・・」ウッ!と来ました。私は、いつも上っ面しか見せてこなかったな、と。真剣に、子供の頃のクラスメートや友達と関わって来なかったんじゃないかな、、、と。今でも、そういう付き合いばかりしてるから、寂しいと感じることがあるんだろう、と。そして、「生きたい」のか「生きたくない」のか。究極の質問。いつもなんとなく、流される様に生きている人間には。「わからない」のだ。私はまだ「生きる」って、強い「気」を持てていない。去年から始まった色々な事を通して、少しだけ見えてきた事を、今度こそは、適当に流さずに、隠してしまわずに、今年は、一つづつでも良いから進めて行こうと思っています。

【 東京都 T・H 様 】
ビジネスの「大吉」「吉」の日は、こころ軽やかにビジネスを積極的にやっています。ギャンブルは「大吉」、「吉」の日にかっています。これは欲がからんでいる時は失敗もあります。何事も無心が大事ですよね。

 

【 神奈川県 横田 様 】
開運レターを手にしてから、たくさんの出会いが重なり、11月25日【ビジネス「大吉」の日】に、「色を食べる!おやつ&デリ」 の店を湘南・平塚にオープンいたします。(開運レターを手にしてから いい物件に出会えたんですよ!)5年間「おおらかヘルシー」のケイタリング&デリバリーをしておりますが、地域の方の集いの場になればと店をスタートいたします。お水採りの時の不思議なご縁で、箱根の竜神様の美味しいお水を、使わせていただくことにいたしました。メッセージできないくらい、たくさんのギフトを開運レターからいただいております。

 

【 東京都 男性 】
開運レターは、お水採りをした頃から意識しだしたのですが、気味が悪いくらいあてはまる日が多く、毎日の指標として、手放せない存在になっております。私の会社は9月でようやく2年目に突入し、多くの新展開を望みながらも、不安も多い時期でもあり、このレターは、とても心強い存在です。

【 神奈川県 Y.K様 】
私が一番心に留めた言葉は「光が当たった分だけ生まれている影の闇」です。來夢Voiceや講演などでも繰り返し伺っている言葉ですが、私は、影を目にすると嫌~な気持ちや悲しい気持ちが広がってしまい勝ちです。でも、光と影は同時に存在するものと受け留めて、影を無視する訳でもなく、影にばかり意識を向けるのでもなく、影の存在へ免疫力をつけて来週からは秋2年目を満喫したいと思います。